電気料金と電気量

ブレーカーの部品

電気料金を少しでも安くすることが出来れば、経費を抑えることができ経営にプラスになりますが、電気料金を安くする方法としては無駄な電気を利用しないということですが、もうひとつの方法としては電気容量の契約を最小限のものにするというものがあります。 一般に電気容量の契約では、高い容量を利用すればするほど基本料金が高くなります。通常は余裕を持った容量での契約を行いますが、実際に使用する電気はそれ以下であることが多く、そのため電気容量の契約を小さいものにすることで、電気料金を安くすることができます。この電気容量を最大限にまで使えるようにしたものが電子ブレーカーと呼ばれる装置で、電子ブレーカーを取付けることで必要最低限の電気容量の契約にすることができます。

電子ブレーカーの仕組みとしては、通常のブレーカーと異なり正確に使用する電気に応じて作動するということがあげられます。ブレーカーは必要以上の電気が流れたさいに自動的に遮断するための装置のことで、従来のものでは熱を感知して作動するようになっています。そのため契約の容量よりも低い状態でも作動することがあり、そのため余裕を持った電気容量の契約が必要になります。一方で電子ブレーカーは正確に電流量を計測して作動させることができます。 ただし、電子ブレーカーを取付けるさいには、事前に使用している電気量を確認しておく必要があり、その使用状況に応じた設定にする必要があります。また単に取付けるだけでなくその後のメンテナンスも重要になります。