便利な役割

ブレーカー

ACアダプターといえば、ファミコンの電源に使うもの。そうのようなイメージがあります。 これまでのACアダプターはとにかくでかい・重いといったイメージもあり、ファミコンやスーパーファミコンは持ち運べないゲーム機でした。 時は2015年。今日の技術により、ACアダプターは劇的に変わりつつあります。 どのあたりから変わったかと言えば、iPhoneが出てきた当たりからACアダプター、ケーブルの常識が覆った。 パソコンショップや家電量販店に行けば、普通にACアダプターもケーブルも販売してますからね。 やはりiPHhoneの生みの親であるスティーブ・ジョブスはACアダプターにも変革をもたらしたのでしょう。 そこで次章では、今後のACアダプターの販売の未来を探ってみた。

間違いなく言えるのは、ACアダプターが無ければ仕事が成立しないとか趣味が出来ない、そういうことが現実に多発してることが多い。そこで未来、こんなサービスが出来るのではと想像してみた。 ・電源カフェ(ついでにACアダプター等も取り扱うカフェ) ネットカフェに行くと電源も用意されているが、仕事するのにわざわざネットカフェに行くのは財布の問題がある。そこで、電源と飲み物と軽食を取り扱うカフェが出来るのではないかとみた。ついでにプログラミングの書籍や、アダプターの販売もするといいのではないかと思う。 ・電源スタンド これは実際に上大岡駅に存在するのだが、電源スタンドというものがある。その名の通り、電源を無料で提供してくれているサービスだ。付近にいればぜひ利用してみたい。 ・コードやアダプター不要の時代もくるのか、置くだけで充電可能なチャージャー。 だいぶマニアックだが、コードやACアダプターを介さず、充電できる仕組みも登場している。アマゾンで大体、2000円〜6000円の間で販売されている。気になった人はぜひチェックしてもらいたい。